なかぶぷろじぇくと

'71年生まれのおっさんが、地元木更津の情報、旅情報、グルメ情報、お得情報など、自分で見てきたこと体験したことをまったりと書いてます。

2018 02/04

'18/01 北海道弾丸ツアー その3 千歳水族館のバックヤードツアー

こんにちは、なかぶです。

2018年1月27日から28日の1泊2日で行った北海道旅行。
初の真冬の北海道で、短い旅行だったのですが、結構楽しめました。

忘れないうちに自分の備忘録として記録しておきたいと思います。

その3は、1日目のメインイベント、千歳水族館のバックヤードツアー参加のお話です。


お昼ご飯を食べた苫小牧のマルトマ食堂を後に、国道36号を千歳に戻ります。

途中、道の駅ウトナイ湖に立ち寄り、お土産を物色。
ヨメは、ここにしかないという黒大豆茶?を購入。

千歳空港の横を通り、道の駅サーモンパーク千歳に併設の千歳水族館に14:00に到着しました。
千歳水族館外観201801

じつはこの千歳水族館、最初は飛行機までの待ち時間つぶしに寄ったのですが、なぜかハマってしまい、北海道に来るたびに寄るようになりました。

サケの展示を中心とした水族館で、たしか今回で4回目です。

じゃらんを経由して申し込んだバックヤードツアーは14:30からなので、30分ほど館内を見学。

何度も見てますが、来るたびに何かを得て帰れます。

いくらが孵化して、稚魚になる様子が見られる、シャンパンタワーならぬ、いくらタワー?
千歳水族館_いくらタワー

グラスにはいくらが入っています。
千歳水族館_いくらタワーのいくら

で、下のほうには、孵化した稚魚がいました。
千歳水族館_いくらタワーの稚魚

孵化した稚魚は横を流れる千歳川に放流されるそうです。

大水槽にはたくさんのサケが泳いでいます。
千歳水族館_大水槽
この大水槽の魚たちに、あとでエサをあげることになります。

もうちょっと進むと、こんなのも。
千歳水族館_ドクターフィッシュ
ドクターフィッシュです。

ここまで来て、時間なので、バックヤードツアーの集合場所に行きます。

こんな札を首から下げて待っていると…
千歳水族館_バックヤードツアー札
水族館のおにいさんが迎えに来てくれました。

写真を撮っていいのかわからなかったので、写真はないのですが、かなりいい感じのバックヤードツアーでした。

水族館の裏側で飼っている、展示していない魚とか、病気療養中の魚とかを見せてくれ、水槽の中の水がどのようにきれいにされるのかも、機器を見ながら説明してくれます。

圧巻は大水槽の魚たちへの餌やり。
大水槽の前でお客さんが見ているところに、上からエサを落とします。

普段は見られない、上からの水槽を見られるということだけでも楽しいのに、さらにエサやりができるなんて、すごく特別な気分を味わうことができました。

これで、割引入館料プラス100円。
大満足でした!

とても楽しい千歳水族館のバックヤードツアー、おすすめなのですが、予約できるのは今度の3連休までみたいですね。
貴重な体験ができました。

バックヤードツアーなしでも、今回写真はないですが、千歳川の中を見ることができたりして、規模は小さいものの楽しめる水族館です。
(サケの遡上の時期には、千歳川を登るサケの大群を見ることができます)


次はホテルにチェックインします。

ではでは~


関連記事
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 木更津情報へ



'18/01 北海道弾丸ツアー その3 千歳水族館のバックヤードツアー

スレッドテーマ : 北海道旅行 ジャンル : 旅行

(0)TB(-)

AFTER「新鮮な卵が購入できる、養鶏場のたまごの販売機 その2

BEFORE「和菓子のさわやの青空市に行ってきました

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top