なかぶぷろじぇくと(仮)

'71年生まれのおっさんが、地元木更津の情報、旅情報、グルメ情報、お得情報など、自分で見てきたこと体験したことをまったりと書いてます。

2016 04/14

北海道新幹線 一番列車の旅 函館観光編その3

2016年3月26日に北海道新幹線が新函館北斗まで開業しました。
その当日、東京発の一番列車で新函館北斗まで行ってきました。
ついでに1泊して函館もプチ観光してきたので、その内容を記録に残しておきたいと思います。

開通の興奮とともに更けた夜も明け、2日目の観光内容です。

泊まったホテルは ホテルパコ函館
朝から隣接の『スパ&カーサ函館』にある天然温泉に入り、気分は上々。

そのまま朝ごはん♪
イカとぶりのお刺身を始めとして、たくさんのおかず。
20160327_074730_188_R.jpg

それにプラスして、道産米の「ふっくりんこ」という品種のご飯がおいしく、たくさん食べちゃいました。
20160327_074722_600_R.jpg

ビジネスホテルでこれだけの朝ごはんが食べられるなら、朝市で朝ごはんはいらないかな、というのが感想。

ホントは朝ごはんが道内一番の ラビスタ函館ベイ にも泊まってみたいところ。

いくら…食べたかったな。

でもパコさんもおいしかったので満足!

お腹がいっぱいになったところで、8:30出発。
値段の割にはなかなかいいホテルだったので、次は道内のほかのパコさんにも泊まってみたいと思います。

今日はおみやげを買って、15:15の飛行機で帰るだけ。
正味6時間くらいしかない。

とりあえず、有名ドコロで五稜郭に行ってみようということで、まずは函館駅へ。
昨日のコインロッカーに荷物を預ける。

北海道は寒いと思いダウンを持ってきたけど、思いのほか暖かかったので今日はダウンはいらないだろうと、荷物といっしょにロッカーに放り込む。

事前にネットで 函館バス の時刻表を調べようと思ったけど、どうもうまく行かない。
停留所の出発の時間はわかるんだけど、到着する時間がわからない。

いつも乗ってる路線なら目的地までどのくらいかかるかわかるけど、全く初めての旅行者にはわからない。

地図上に出てくるバス停を押すと、系統番号が表示されるんだけど、○○系統とか○○行きしか書いてないので、どこを通るのかそれだけじゃわからない。

系統番号押すと、今度は地図上に全停留所が表示されて、その中の停留所を押すと通過予定時刻表が表示される。
乗るだけならいいけど、着く時間が簡単にはわからないので、乗ってみて間に合わなかったらどうしようって不安が残る。

バス停押して、系統番号選択したら、その路線の全線全便の時刻表がpdfで表示されるくらいでいいと思うんだけど…。
バスロケもいいけど、出発時刻と到着時刻のわかる時刻表をわかりやすいところに置いてほしいなぁ。

お金かけてるのはわかるんだけど、もう一歩使いやすさの検討が必要なような気がする函館バス…。

それはさておき、五稜郭の方に行きそうなバスに乗ってみる。
観光用のバスは9時発があるみたいだけど、それじゃつまんないので、普通の路線バスに乗って、警察署前という停留所で降りる。

バスに乗ってみてわかったことは、同じ所に行くなら、実は市電よりバスのほうが時間的には早く着くということ。
市電は雰囲気を楽しむ乗り物なのかな…?

警察署前から歩いて5分ほどで五稜郭タワーに到着。
早速エレベーターで上に上がってみる。(¥840)

上から見下ろすので、五稜郭の星形が手に取るようにわかる。
20160327_093436_R.jpg

タワーの中では幕末の歴史についての説明資料もあり、いままで全然興味のなかった歴史もよくわかった。
行ってよかったな。

五稜郭はそれくらい(歩きたくないので、公園の散策はしないw)にして、おみやげを買うために、昨日行ったベイエリアへ移動。

五稜郭公園入口から、「市電より早い」バスに乗って駅前まで戻り、そこからまたベイエリア方面のバスでベイエリアへ。
この乗り換えたバスが100mおきくらいにバス停があってのんびりしている。

ベイエリアに到着、こんな店があります。
20160327_112408_R.jpg

ラッキーピエロと倉庫街の店でお土産を購入。

こんな可愛いのをムスメに。
20160327_105404_737.jpg
(ネコ足マグカップです)

クロ、ミケ、トラがあって、パパはミケネコ押しだったんだけど、連絡したらムスメはクロネコをチョイス。

帰ってきて見たら、amazonで売ってたorz


おみやげも買ったし、あとは市電に全線乗って、空港に行って帰るだけ。

まずはラッキーピエロ前バス停から、バスで駅前に移動。
20160327_112559_R.jpg

ロッカーから荷物を出し、湯の川温泉まで市電に乗るために電停に行くと、なんとラッキーなことにレトロ電車「箱館ハイカラ號」が。
20160327_124014(0)_R.jpg
(降りたあとに撮影)

ただしこれだと湯の川までは行かず、途中の車庫で終点。
でもせっかく来たので乗ってみる。

運賃箱がないので、可愛い車掌さんがきっぷを売りに来る。
でも自分はフリーパスがあるので、きっぷはなし。

運転台が低いので、運転手さんは中腰で運転。
20160327_121437_R.jpg
よく揺れるのでつらそう…。
でも運転手さんは非常に親切で愛想も良かった。

車内のつり革も木製。
20160327_122443_R_1.jpg
レトロ感いっぱい。

残念ながら駒場車庫前で終点。
車庫に入って行っちゃいました。

でも駒場車庫前から湯の川まではすぐ。
そこからバス停まで歩き、空港行きのバスに乗る。

空港まではおよそ10分。
楽しかった旅行もこれでおしまい。

空港でもおみやげを購入。
塩辛干しちゃいました、ってのがつまみに良さそうだったので、会社のおじさんたち(自分も含む)に購入。
こいつもamazonに…。


ANAで羽田までひとっ飛び1時間半!
20160327_144209_R.jpg

やっぱり北海道は新幹線より飛行機のほうがいいかなぁ…。
マイルもたまるし。

こんな感じで1泊2日の旅は終了するのでした。

長いことご覧いただき、誠にありがとうございました~。


航空券の購入はこちらから
国内最大級の格安航空券サイト



関連記事
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 木更津情報へ



北海道新幹線 一番列車の旅 函館観光編その3

(0)TB(-)

AFTER「北海道新幹線 一番列車の旅 まとめ

BEFORE「古い自販機 ~鉄剣タロー(行田)~

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top