なかぶぷろじぇくと(仮)

'71年生まれのおっさんが、地元木更津の情報、旅情報、グルメ情報、お得情報など、自分で見てきたこと体験したことをまったりと書いてます。

2016 04/07

北海道新幹線 一番列車の旅 新函館北斗から函館へ

2016年3月26日に北海道新幹線が新函館北斗まで開業しました。
その当日、東京発の一番列車で新函館北斗まで行ってきました。
ついでに1泊して函館もプチ観光してきたので、その内容を記録に残しておきたいと思います。

新幹線は新函館北斗に到着。
開通日の新函館北斗駅の興奮の様子と、函館までの移動について記載しています。

新函館北斗駅の改札口はマスコミやら、JRの関係者やら、新幹線を見に来た人やらで大混雑。

何も下調べしてきてないので、とりあえず外に出てみる。

真新しい新函館北斗駅。
20160326_111158_R.jpg

正面から。
20160326_111453_R.jpg

黒い駅舎なのは、雪の中でも目立つようになのかな。

駅を出ると、その周りにはテレビ局の特設スタジオがいくつも。
日テレ系(STV?)、テレ朝系(HTB)、NHK・・・。

日テレには伊吹吾郎、テレ朝にはタカ&トシ、NHKには芹那がいたようだ。
(肖像権の関係で写真はありません)

テレ朝系は中継車にonちゃん♪
20160326_111932_R.jpg

タカトシをしばらく見てたけど、こっち向きそうにないのですぐに諦め、反対側に渡ったら、さっきホームで見た新幹線のかぶりものした人たちが編成組んでたw
DSC_1171_R.jpg

その脇にはモデルっぽい女の子。
(帰ってから見たテレビで、これが芹那だったと知った)

駅前には道内各地からたくさんの出店が出ていたが、あまりの人の多さに閉口し、早々に改札口に戻る。

11:43発の「はこだてライナー」に乗ろうと、5分前に切符を買おうとするが、券売機が2台しかないので、まあ列が進まないこと進まないこと。
2分前に切符なしでも乗っていい→函館で払ってね、って言われたので、切符を持たずにホームに急ぐ。

それにしても、券売機2台はないよな…。

ホームにははこだてライナー。
3両つないでたのかな…。(時間ないので写真なし)
 1両目:満員
 2両目:満員
 3両目:満員
要するに全部満員。
首都圏の通勤電車並みの混雑。

乗ろうかどうか迷ったけど、この後しばらく列車がないのはわかってたので、2両目の一番前に乗せてもらう。
ドアは半自動。ボタンを押して開閉するやつだ。(高崎線の籠原から先と同じ)

定刻に発車。
函館までは15分。途中五稜郭の駅だけに停車する。

定刻通りに函館に到着し、吐き出されるようにホームへ。
朝の通勤電車と変わらず、ここまででもうクタクタ。

改札口で料金\360を支払い、出てみるとここもすごい人。
旅館の女将っぽい人からビニール袋に入ったお菓子をもらい、ここも押し出されるように外へ。

出てみるとお祭り騒ぎ。
スピーカーからは音楽が流れ、駅前にはイカがw
DSC_1179_R.jpg

残念ながらちっちゃいイカだけで、 イカ大王 はいなかった。
(あとから来たらしい)

函館駅はこんな感じ。
20160326_120922_R.jpg

GLAYもお出迎え。
DSC_1180_R.jpg

写真にも写ってるけど、すんごい人。

そんな人には目もくれず、観光を始めるために、まずは駅の2階にあるコインロッカーに荷物を預けて身軽に。
さらに観光案内所で市電とバスの2日間乗り放題カード(\1,700)を購入。
20160407_202515_R.jpg

「イカすカード」っていうネーミングがイカしてるw
1700円分も乗るかどうかわかんないけど、ちょっとした距離でも気軽に乗れる安心感には代えられないので、気にせず購入しちゃった。

そうして準備を済ませ、いよいよ函館の街の散策開始!

つづく。

今回は中身が薄かったな…。






関連記事
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 木更津情報へ



北海道新幹線 一番列車の旅 新函館北斗から函館へ

(0)TB(-)

AFTER「北海道新幹線 一番列車の旅 函館観光編その1

BEFORE「グランドビッグマック & グランドセット

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top