なかぶぷろじぇくと(仮)

'71年生まれのおっさんが、地元木更津の情報、旅情報、グルメ情報、お得情報など、自分で見てきたこと体験したことをまったりと書いてます。

2016 12/13

北海道 1泊2日弾丸ツアー’16/11 その9 ししゃもの町 むかわで旬のししゃもを食す

こんにちは、なかぶです。

11/27、28に1泊2日でで北海道に行ってきました。
その内容を自分の備忘録的に残しておきたいと思います。

千歳水族館で千歳川の川底をのぞいたあとは、今が旬の魚、本ししゃもを食べに太平洋岸のむかわ町に向かいます。

思いの外時間が早いので、高速は使わずに国道を使って移動します。
苫小牧までは一般道っぽい国道36号。苫小牧で曲がって国道235号に入ってちょっと行くと、これは高速道路だろ、というほどの無料の高規格道路になります。

地図には「日高自動車道(無料区間)」との記載がありました。

そんな快適な道路を走ること30分、鵡川ICでおりて5分ほど走ると、目的のお店「カネダイ大野商店」さんに到着します。
カネダイ大野商店外観

カネダイ大野商店の場所はこちら。


お料理の紹介の前に、本当のししゃもとは何なのか、ちょこっとウンチクをば。

普段我々がよく食べている、スーパーで売っている「シシャモ」というのは、輸入品で「カラフトししゃも(カペリン)」という品種だそうです。
で、本ししゃもというのは、北海道太平洋沿岸の水深120mより浅い所にしか分布していない、日本固有の種で、全く別の品種だそう。
輸入量が本物ししゃもの漁獲量よりも圧倒的に多く、それなりの味が安価に味わえますが、本物ししゃもの味には到底及ばず、その風味や食感は似ても似つかないものです。

ということで、本物のシシャモは流通量も少なく、実は高級魚だったんですね。

その本物を食べにわざわざここまで来たというわけです。

さらに、本ししゃもの漁期は1年間のうちで10~11月半ばくらいまでなので、とれたての本ししゃもはこの時期じゃないと食べられないというわけ。

その貴重な本ししゃもは、こんな感じで風に当てられ、干されています。
本ししゃも生干し

ここから取って店内に持ち込み、会計をしてからいただきます。

お店の中ではこのようにテーブルにホットプレートがセットされています。
カネダイ大野商店_店内

焼き方はホットプレートが一番ということで、こんな感じで焼きます。
本ししゃもホットプレート焼き
ちなみにこれで2,000円ちょっとでした。
高級魚ですね…。

ホットプレートにホットクッキングシートを敷いて焼くと、きれいに焼けます。

焼き方はちゃんとマニュアルが用意されていました。
ししゃもの焼き方マニュアル

食べてみると、普段食べるカラフトししゃもと比較して、きちんと身に味があって、やっぱりぜんぜん違います。
とってもおいしくいただきました。

あとこちらでは、本ししゃもの握り寿司もいただけます。
焼きししゃもは他の時期でも食べられますが、ししゃも寿司は生のししゃもが手に入るこの時期だけです。

というわけで、ししゃも寿司もいただきました。
ししゃも寿司

この時期だけ、近所のお寿司屋さんから寿司職人を招き、ししゃも寿司を提供してくれているようです。

ししゃも寿司は、しょうゆで食べてもいいのですが、おすすめはオリジナルの山椒塩ということで、そちらでもいただきました。
山椒塩説明
山椒の香りと辛味のおかげで、白身のししゃもの甘味が際立つ感じがしました。

やっぱり寿司が売りのようで、大きなのぼりがあがっています。
ししゃも寿司のぼり

まあ、この時期だけですからね。

貴重な本ししゃもを堪能し、いよいよ旅も終了に近づきます。
次は空港でお土産物色&豚丼編に続きます。(近日公開予定)

その前にちょっと寄り道します。

ではでは~

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 木更津情報へ

この記事と関連する記事(一部広告あり)





北海道 1泊2日弾丸ツアー’16/11 その9 ししゃもの町 むかわで旬のししゃもを食す

スレッドテーマ : 北海道 ジャンル : 旅行

(0)TB(-)

AFTER「果たして木更津市の税金は高いのか

BEFORE「牛角肉の日 半額セールに行ってきました

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top