なかぶぷろじぇくと(仮)

'71年生まれのおっさんが、地元木更津の情報、旅情報、グルメ情報、お得情報など、自分で見てきたこと体験したことをまったりと書いてます。

2016 03/29

北海道新幹線 一番列車の旅 準備編

2016年3月26日に北海道新幹線が新函館北斗まで開業しました。
その当日、東京発の一番列車で新函館北斗まで行ってきました。
ついでに1泊して函館もプチ観光してきたので、その内容を記録に残しておきたいと思います。

まずは準備編、指定席をとって、旅の行程を決めるまでのプロセスです。


●予約までの道のり

【2月19日(金)】
北海道新幹線が開業するのは3/26。

通常の指定席の販売開始は1ヶ月前、つまり2/26からですが、JR東日本のネットサービス えきねっと では、1ヶ月前のさらに1週間前の朝5:30から事前受付を始めます。

事前受付といっても、必ず取れるというわけではなく、発売日当日(乗車1ヶ月前)の10:00から受け付け順に販売を処理していくという仕組みで、行列に並ぶのと同じ感じ。

まずはダメ元で5:30に自宅のPCで登録してみる。

5:30キッカリに登録を開始して、処理が受け付けられたのが5:31の20秒くらい。
んで、出てきた番号は298番・・・orz

何番から始まってるのかわかんないけど、これはダメだな・・・と感じた。

でも、その後にもう一度やってみようと思ったら、今度は処理が集中して応答なし。

まあ、受け付けられただけ良しとしよう。


【2/26(発売日当日)】
10:01にメール着信。
件名は「(満席)JR指定席をご用意できませんでした【えきねっと】」

やっぱりダメ・・・。

でも298番で10:01:30にメールが来るってことは、たぶん100番くらいは取れてたってことじゃないかな。

まあ、これは予想してたことなので、別にガッカリはしない。(してなかったよ、たぶん)


【2/27~3/21】
この間はひたすらえきねっとで空席検索。

毎日数十回は見てたんじゃないかな。

検索した瞬間、×(売り切れ)の表示が(残りわずか)に変わってることがまれにあったんだけど、タッチの差でゲットできないことが何度か・・・。

まあ、シートマップでどこが空いてるか確認したってのが、敗因だけど。


【3/22】
会社の帰りにいつものようにえきねっと検索。

と、割引あり(5%)の方もになってるのを発見。

これは取れる、と確信し、割引ありの方で予約を進める。

窓側の希望を入れてみたけど、「希望なんかすんな」っていう感じではじかれ、そのまま希望無しで予約をすすめた結果・・・
予約できました
の表示。

やった!と思ったのもつかの間、まだ普通(割引なし)の席が△のまま。

こっちなら席の希望を聞いてもらえるんじゃないかと、もう一度、そのを押して見る。

シートマップで座席を選択・・・というところから次に進むと
人数分の席を用意できません。
みたいな表示でその先には進めず。(つまり満席)

まあ、取れたから良しとしようと思ったが、3人席の真ん中だったらやだな、という意識を感じ、そのあともチャレンジし続けたものの、もう2度と予約まで進めることはありませんでした。


【3/25(乗車日前日)】
どうしても窓側がほしくて、取れた後も何度もえきねっとをチェックするも、キャンセルが増える乗車前々日(※)でもダメなので仕方なく窓側はあきらめ、持ってる予約を発券することにしました。

※前日からキャンセル料が高くなるので、行けない人は前々日までにキャンセルすることが多いため、その日に空席が出ることがけっこうある。

ただ、発券するまで席がどこなのかわからないから、券売機で発券する瞬間はドキドキ。

で、出てきたきっぷは・・・
20160325_205952.jpg

C列!

瞬間的に3人がけの通路側だって分かった。

とりあえず真ん中じゃなくてよかった。


●旅の行程を決める

とりあえず最大の難関は予約できたので、他の工程を決める。

・長距離フェリー案
最初に考えてたのは、苫小牧までスーパー北斗で移動して、そこから仙台もしくは大洗行きのフェリーに乗り、船中泊。
で、ついたら高速バスで東京まで戻るという行程。

ホテル代が浮くし、前月に仙台から名古屋までフェリーの旅をして、けっこう楽しかったので、今回も・・・というもくろみだったけど、新幹線を割引でとっちゃったせいで、苫小牧まで通しで買うより7,000くらい高くなっちゃうので、この案は残念ながらボツ。


・青森宿泊案
次は函館到着後、フェリーもしくは新幹線で青森に戻り、そこで1泊。
そこから五能線かなんかに乗って、秋田から新幹線で帰るという行程。

青森まで割引使っても新幹線だと\6,000くらいと結構する。
フェリーだと安いけど、ちょうどいい時間の便がない・・・。

ということでこの案もボツ。


・函館宿泊案
函館到着後、1泊して函館市内を観光。
新幹線を裏切り、函館空港から飛行機で羽田空港へひとっ飛びするという行程。

函館のホテルは足元見てんのか、どこも高いし、飛行機も遅い便は空いてない上に高い。

でも、ホテルの予約サイトで何回も検索すると、北海道には何件もある ホテルパコ で、喫煙室だけど朝食付きで\5,800というプランが空いたので、すかさず予約。

さらに飛行機も、株主優待券を金券屋で買って、それを使って利用すれば新幹線と変わんないくらいになるので、それでANA556便(函館発15:10)を予約。
事前座席指定で1席だけ空いていた窓側をGet。

若干時間が早いけど、明るいうちに羽田に着くことなんてあまりないので、我が家を上空から見られるかも、ということで納得。

こうして函館宿泊案に決まり、早速ANAの株主優待券を金券屋で購入。(\4,900)
20160329_210023.jpg

あとは旅行当日を待つばかり…。

あ、そのまえに奥様の許可をいただかないといけないことをすっかり忘れてた。
(朝、駅まで送ってもらわないといけないし)

無事、許可もいただけ、出発までワクワクの日々を過ごしました。

つづく。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 木更津情報へ

この記事と関連する記事(一部広告あり)





北海道新幹線 一番列車の旅 準備編

(0)TB(-)

AFTER「我が家が木更津に引っ越したわけ

BEFORE「北海道新幹線一番列車の旅(ざっくり編2日目)

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top